工場派遣口コミ

【体験談】工場派遣のきついこと8選

工場派遣のきついこと体験談

「工場派遣はきつい?」「工場派遣で働くメリットは?」
こんな疑問をお持ちの人もいるでしょう。

本記事では「工場派遣のきついこと」と合わせて元工場派遣の方の体験談や、工場派遣をやってよかったことなどについても解説していきます!

一読することで、工場派遣の仕事内容がわかり派遣会社の選び方もわかるようになるでしょう。

工場派遣のきついこと8選

工場派遣のきついこと8選

ここでは工場派遣できついと言われていること、8選を紹介します。
ぜひ参考にして転職あるいは就職活動に活かしていきましょう。

労働環境が良くない

仕事内容によって労働環境は変わりますが、基本的に工場派遣は「汚い」「くさい」「うるさい」のどれかあるいはどちらもということが多くあります。

綺麗な環境で仕事がしたいという方には工場派遣は向いていないかもしれません。

大手企業の工場である場合は、職場が綺麗な場合もありますが、機械系の仕事なら音がうるさいことも多くあります。

「汚い」「うるさい」は慣れてしまえば問題ありませんが、「くさい」に関しては体調不良になる場合もあるため、工場派遣で働く場合は事前にどんな仕事内容なのか、食品やゴム製品、塗装などの臭いが発生する仕事ではないかなど、匂いに敏感な方はチェックしておくことをおすすめします。

同じ単純作業が続く

工場派遣の仕事は繰り返しの単純作業がほとんどです。

8時間ほぼ毎日同じ作業が続くのでコツコツ作業が好きな方もきついと思われるかもしれません。

途中で眠くなることや、「なんでこんな作業をしているのだろう?」と精神的にもキツくなってしまうことから工場派遣は大変だと言われています。

基本的に立ちっぱなしで肉体労働

工場派遣は基本的に立ちっぱなしで作業をします。

残業などが増えた場合、肉体的にかなり疲労が溜まるため、体力に自信がない方は体力をつけてから工場派遣に臨むことをおすすめします。

夜勤がある

工場は毎日稼働できるよう、二交代制・三交代制を取り入れているケースがほとんどです。

いわゆる夜勤です。

夜勤専属ならまだしも、夜勤と日勤が交互になるシフトの場合は時差ぼけなどもあり、寝不足に陥ります。

特に大きな機械などを扱う工場現場の場合は寝不足のまま作業すると、重大な事故に繋がりかねないので、夜勤があるのかないのかを事前に把握しておきましょう。

組み立てはきつい

乗用車や建設重機、農業用重機などの組み立ては工場派遣の中でもトップクラスできついと言われています。

理由として、部品が大きい・重たいためかなりの体力を必要とする点や、組み立てが複雑で覚えることが多いなど、繰り返し作業と入ってもピッキングや仕訳などの業務とは比べ物にならないほど疲弊、危険性があるためきついと言われています。

自分のミスで作業が止まる

ライン作業に多くあることですが、自分がミスをしたときに他の人全員の作業がストップします。

周りの社員からの視線が痛く精神的にきつい部分です。

ミスをして作業が止まってしまった場合、大抵は正社員の管理者に声をかけるのですが、この際怒られることもしばしばあります。

全員の作業を止めてしまう、全員の前で怒られるなど特にライン作業などは精神的にきついことがあります。

時給が低い

工場は地方にあることが多く、時給はその地域の最低賃金で設定されていることもあります。

工場派遣の業務は誰にでもできるような作業であることがほとんどです。

そのため、給料を上げるには経験を積みさまざまな業務をこなせるようになる、あるいは夜勤も取り入れていくことが必要です。

夏は暑く冬は寒い

工場の設備は古くなっている影響で空調が故障していたりききにくかったりする場合があります。

すぐに修理できない中小企業の工場などでは暑さや寒さで快適に仕事ができないのもきつい部分です。

工場派遣で働いている人の特徴

工場派遣で働いている人の特徴

まだ工場派遣で働いたことがないという方は、実際に働いている人はどんな人たちなのか、気になる方もいるのではないでしょうか。

ということで、工場派遣で働いている方の特徴をおおまかにまとめてみました。

体力のある人が多い

やはり工場派遣は体力を使う仕事なので、体力のある人は多い印象を受けます。

元野球部出身、ラグビー部出身の人もちらほら。

最近はスポーツ経験関係なく色んな方が工場派遣で働いていますが、年齢が高くなるにつれて、ガテン系な方が多く働いています。

一人の時間が好きな人

ガテン系な人が多い一方で、あまり周りの人と話さない一人の時間を好む人も最近は増えてきています。

工場派遣で働いている人の理由はさまざまですが、前職で人間関係のストレスから転職している方も多くいます。

派遣であれば一定期間で人が入れ替わるので休憩時間などに話をしてコミュニケーションを取る必要もありません。

コミュニケーション力が高い人

工場派遣にはさまざまな特徴を持った人が働いています。

ガテン系な人、人とあまり話さない人、コミュニケーション力が高い人などです。

工場派遣で働いている人の中には、さまざまな工場を経験している人も多く、たくさんの人と接するので自然とコミュニケーション力が高くなる人がいるようです。

工場派遣の仕事内容とは

工場派遣の仕事内容

工場派遣の仕事内容はおおむね以下の種類に分けられます。

ピッキング

ピッキングは、伝票や指示書などをみて、必要な商品・部品を取り出す作業のことを指します。

ピッキング作業は決められたものを取り出す作業なので比較的未経験向けの作業と言えます。

しかし、重機や車など機械組み立て系のピッキングでは重量のあるものをピッキングする場合もあるので、体力や重いものを持つことに抵抗がある方は求人をチェックしておきましょう。

ライン作業

ライン作業は、ベルトコンベアーに流れる製品を加工・検品する作業です。

こちらも初心者向けで派遣社員初心者であれば取り掛かりやすいでしょう。

しかし、業務内容によっては自分のミスで流れが止まってしまったり、繰り返し同じ作業が続くなどのデメリットもあります。

単純な同じ作業をしつつ、ミスがないよう気を張ってなければならないので作業は簡単ですが、精神的に疲れやすい仕事とも言えます。

検品・検査

検品・検査は完成した商品に異常がないかどうかをチェックする仕事です。

検品・検査は主に機械でチェックする方法と人間の目で確認する方法があります。

重いものを持ったりする業務ではないので体力に自信のない方や女性でも取り掛かりやすい仕事内容となっています。

仕分け

仕分けは製造された商品や荷物などを特定の場所に仕分けていく作業のことです。

基本的に仕分け作業は軽量のものが多く主婦や学生に人気の仕事となっています。

加工・組み立て

加工・組み立ては自動車部品や家電、電子機器をライン作業で組み立てていく作業のことを指します。

大手自動車メーカーや大手家電メーカーの仕事などでよくみられます。

難しいイメージがありますが、未経験歓迎をしている企業も多く、初心者にもやりやすい仕事内容となっています。

正社員が近くにいてチェックしている場合があるので、安心して取り組むことができます。

生産管理

生産管理は、製品の生産量管理や人員配置、原材料の発注などを行う仕事です。

オールマイティな仕事内容となるため、現場での経験も必要になります。

そのため仕事についてからある程度経験をした人がほとんどです。

責任や臨機応変な対応などと大変なこともありますが、やりがいがある仕事です。

事務職

工場派遣では肉体労働だけでなく事務の仕事もあります。

従業員の給料計算から交通費計算、材料の発注なども行います。

パソコンを使う仕事のため初心者向けというよりかは、資格やスキルを活かした仕事となります。

工場派遣が人気ないのはきついから?

工場派遣は人気がない?

工場派遣は段々と人気がなくなってきているのも事実です。

そこで工場派遣が人気ないと言われている理由をまとめてみました。

大きな音や匂いがきつい

工場では大きな音がしていたり食品や油、ゴムの匂いなど普段の生活では体験しないような要素がたくさんあります。

慣れてしまえば問題ないですが、特殊な環境であるがゆえ、特に若者は労働環境を気にするため、このような工場の環境は年々人気がなくなってきています。

作業着が苦手な人も多い

工場では基本的に作業着を着て作業をします。

自由を求める今の若者にとって、決められた作業着や帽子をかぶるので、これに抵抗がある人はあまり工場派遣を選ばなくなってきています。

勤務地が田舎

工場は大きな土地を要するので、田舎や地方にあることが多いです。

そのためアクセスが悪く人気がなくなってきている要因と言えます。

工場派遣がきついのは仕事内容によって変わる

工場派遣のきつさは仕事によって変わる

工場派遣はきついというイメージがありますが、仕事内容によって大きく異なります。

扱う商品・部品などが重く慣ればなるほどきつく、軽量なほど簡単で楽という声もあります。

しかし、いずれにしても繰り返し作業が多く飽きっぽく集中力に自信がない方は、あまりお勧め出来ません。

きついけど続けられる工場派遣のやりがい

工場派遣のやりがい

工場派遣はきついものの、やりがいももちろんあります。

黙々と作業できる

単純な繰り返し作業がほとんど。

頭を使わなくとも作業できるものもあるので、黙々、コツコツやっていく仕事が好きな方には天職と言えるでしょう。

有名な商品などに携われる

大手自動車メーカーや家電メーカーの仕事で働けば、有名商品に携われる機会があることでしょう。

自分が関わった商品を実際に街中やお店で見ることができるので、やりがいを感じることができます。

工場派遣はきつい?楽?元派遣に聞いてみた

元工場派遣の体験談

12年、工場派遣で働いてきました。

良いこともあればもちろん辞めたいと思うようなきついこともありました。

でも基本的には良いことばかりだと思います。

なぜなら基本的に自分がミスさえしなければ周りに迷惑をかけたり嫌な思いをしなくてすみます。

前職は営業で残業やノルマがあって精神的にきつい事がたくさんありましたが、工場派遣になってからはいろいろな事情を抱えて仕事をしている方も多く、優しい人ばかりでした。

前職では仕事に行く事が憂鬱でしたが、派遣社員では話しながら作業できたりと楽な部分もあります。

何より定時に仕事が終わるのでおすすめできるポイントです。

きつくない工場派遣の会社選びのコツ

工場派遣の会社の選び方

ノルマや残業の多い工場もあれば、ゆったり定時に帰れる楽な工場もあります。

より自分に合った工場で働くためにも、派遣会社の選び方を説明します。

取り扱いの多い職種を確認する

取り扱いの多い職種を確認することによって、その派遣会社がしっかりサポートしてくれるかがある程度わかります。

例えば、オフィスワークの仕事ばかり取り扱っている場合は、派遣会社の担当者も工場派遣に詳しくなく、サポートが薄い可能性もあります。

しっかりと派遣会社がどんな職種に強みを持っているのか、チェックしておきましょう。

担当者との相性を見る

これは担当者と話すまでわかりませんが、担当者が自分の希望を汲み取って聞いてくれたか、一方的に紹介してくるだけではないかをチェックしておきましょう。

良い担当者であれば、工場の求人に詳しいので、求人には載っていないような情報も教えてくれることもあります。

工場派遣はきつい?|まとめ

本記事では、工場派遣はきついのか?についてご紹介しました。

結論から言うと、工場派遣は仕事内容によってきつさは大きく変わります。

きつくない工場派遣を選ぶためにも、求人をチェックしておく、担当者と仲良くしておく、口コミを確認しておくことを意識しておきましょう。