タントのエスプリ » Blog Archive » 家伝の一皿 その壱

洋食タント

自然を味わう贅沢。

家伝の一皿 その壱

2012年08月01日

今年は「ボルシチ」の登場が1ヶ月以上早いです。

ほりたてのビーツです。色も良くて甘みもあります。

写真が下手です。

本当はもっと赤いです。赤いビーフシチューです。

 

なぜ「家伝の一皿」かといいますと…

母の母(つまりおばあちゃんです)が作ったボルシチの味を

幸いにも母が憶えていたのです。

砂糖のない時代ビートを栽培して、煮詰めて甘みをだして、

それを煮物などの味付けに使っていたようです。

ビーツの種が混ざっていたらしく、偶然できたビーツで「ボルシチ」を

作ってくれたという話です。

そして2002年札幌でお店を開店した時に「ボルシチ」をメニューに

のせました。大切な「家伝の一皿」でございます。




access


  • TANTOのブログ
copyright(C)2012 tanto All right reserved.